2019年12月25日水曜日

【第15回中村元思想文化カフェが行われました2019.12.22(日)】

 12月22日(日)に第15回思想文化カフェを開催しました。ほぼ1年ぶりとなる今回ですが、定員を超え初のキャンセル待ちが出るほどのお申し込みがありました。1つ目の島田隆輔研究員による「中世の仮名法語『一言芳談抄』を読む」では、中村元博士が『仮名法語集』月報に寄せられた「仏教の民衆教化と仮名法語」の紹介をはじめとして、『一言芳談抄』成立の時代背景やそこで語られる「夢」の意味などが解説されました。
 笠原愛古研究員による「『ムーミン谷の冬』とトーベ・ヤンソンの時代」では、最近の研究を下敷きに、「大人向け」とされる『ムーミン谷の冬』で何が語られているのか、トーベの書簡などにみられる自己認識を踏まえながら紹介されました。
 午後からのお楽しみ会では、一風亭さんの作られたシジミを使ったガンボスープ(フランスパン添え)に舌鼓を打ちながら、参加者同士親睦を深めました。
 また、参加者の方から薄茶とケーキのセットを振舞われたり、東方学院歌隊による歌の披露が行われるなど、大いに盛り上がりました。




 今後も定期的に思想文化カフェを企画いたしますので、皆様どうぞご期待ください!

2019年12月3日火曜日

【豅博道作品展第2弾「スケッチと水彩で描く インド聖地巡礼の旅」開催のお知らせ】

 
昨年大好評だった豅博道(ながたにひろみち)さんの水彩画の作品展が、本日より始まりました!インドの風景や人々の様子などを色彩豊かに描かれた作品を、20点展示しています。
 また、今回も先着順でポストカードをプレゼント中です。(数に限りがありますので、同じものを2枚以上持って帰らないでください。)
皆様のご来館をお待ちしております。

開催期間:2019年12月3日(火)~2020年5月 31 日(日)
(前期:12月3日(火)~2020年3月29日(日)、後期:4月1日(水)~5月31日(日))
※前期と後期で作品を入れ替えます。
休館日:毎週月曜日、年末年始(2019.12/28~2020.1/4)、蔵書整理休館(2020.1/13~1/27)
※詳しくはこちら




2019年11月21日木曜日

【第15回中村元思想文化カフェのお知らせ】

日時:12月22日(日)10:00~13:00(予定)
場所:島根県松江市八束町波入2060 中村元記念館
参加費:1500円(友の会会員1000円)
定員:20名
〈内容〉
10:00~
・「中世の仮名法語「一言芳談」を読む」
               島田 隆輔(中村元記念館東洋思想文化研究所) 
・『ムーミン谷の冬』とトーベヤンソンの時代
笠原 愛古(中村元記念館東洋思想文化研究所) 
12:00~
・お食事会(一風亭さんによる無国籍料理をご用意しております。)
 カフェを楽しみしておられた方、大変お待たせいたしました!
 今回のカフェは、二人の研究員による報告&一風亭さんの無国籍料理を楽しむ会という盛沢山の内容となっております。 
皆様お誘い合わせのうえ、是非ご参加ください。
お問い合わせ・お申込みは、中村元記念館(0852-76-9593)まで。(準備の都合上、12月20日(金)までに、お申し込みください。)
定員次第締め切りますので、お申し込みはお早めに!

2019年10月20日日曜日

【第5回中村元東洋思想文化賞授賞式が行われました 2019.10.19(土)】

 全国から集まった優秀な論文の中から、第5回目の優秀賞に選ばれたのは、東北大学大学院の亀山 光明氏の「近代日本仏教における戒律復興運動の展開―釈雲照の思想と行動を中心として―」でした。
 松江市長賞には広島大学の徳武 太郎氏による「インド古典音楽論書の研究 -Samgitaratnakara第1章第1・3節を中心に-」、奨励賞は駒澤大学の栗木 亮学氏による「十二支縁起説の構造 ーブッダの修行に着目してー」が授与されました。(※受賞者の所属は論文提出時のもの)
 優秀賞を受賞された亀山氏は、「釈雲照の出身地で賞を頂き、光栄に思います。このような賞がとれたのは大学の先生方のお陰です。これからも今回のことを励みに研究活動を続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。」と話されました。
 受賞者の皆様、本当におめでとうございました!
 授賞式のあとには、優秀賞を受賞された亀山氏による特別講演「近代日本仏教における戒律復興運動の潮流―戒なき時代の仏教史をめぐって―」を行いました。


2019年8月16日金曜日

「香道体験」講座を開催しました!

8月11日(日)記念館では初めてとなる「香道体験」講座を開催いたしました。気温30度を超える暑さの中、たくさんの方にご参加いただきました。

室町時代、東山文化の中に芽生えた香道は、茶道、華道と三位一体であるといわれてますが、「香木」自体が身近なものではないため、なかなか広まらなかったようです。今回参加された方も、香道初体験という方がほとんどでした。講師の大谷香代子先生から、香道の基本、歴史など説明をお聞きした後、実際に「組香(くみこう)」を体験しました。

香元(こうもと)と呼ばれる方の優雅なお手前でたかれたお香を順番に聞き(香りを嗅ぐこと)、その順番を当てるゲーム感覚の遊びです。組香は一つのテーマを香りで表現しようとする遊戯だそうで、本日は夏にふさわしく、夕立の稲妻をイメージした「いなづま香」でした。上品な香木の香りに包まれ、静かな空間で、雅な時間を楽しみました。執筆(しっぴつ)と呼ばれる方が記録した香席の記録は、一番成績のよかった方が持ち帰ることができます。一時間半の体験でしたが、雅な香りの遊びを体験することができ、とても心が落ち着きました。

ご後援いただきました公益財団お香の会では、来月9月7日(土)にも米子市文化ホールで香道講座を予定されているそうです!ご興味のある方は、まだお申し込みが可能とのことですのでお問い合わせしてみてください。(お問い合わせ先:米子市文化ホール TEL0859-35-4171)
香道講座 参加申込書(主催:お香の会)


2019年7月20日土曜日

【中村元記念館展示室の改装オープン&改元記念企画展「平成と令和―中村元博士と元号」開催のお知らせ】

 展示室の空調の工事も無事に終わり、7月20日より展示室を再開し、常設展示の一部をリニューアルしました!今まで展示していなかったものもあるので、今まで展示室をご覧になられたことがある方も、足をお運びください。
 また、改元記念企画展「平成と令和―中村元博士と元号」も同時開催中です。平成の元号改正時の貴重な資料を展示しておりますので、新しくなった展示室を見に、皆様どうぞご来館くださいませ。




2019年7月4日木曜日

【国際ヨーガの日記念イベント:「ヨーガとインド楽器の休日」が行われました。2019.6.23】

 平成26年に国連で制定された「国際ヨーガの日」を記念して、中村元記念館でもこれまで様々なことを企画してきました。(ヨガマスターと一緒にヨーガをしたり、ヨーガのビデオをYouTubeに配信してみたり、チャイとヨーガのコラボしたり…etc.)
 今回はヨーガとインド楽器のコラボをし、普段よりも少し優雅な休日を参加者の方に味わってもらいました🤗
 はじめに、中村元記念館文化講座の講師をしておられる瀬古康雄先生によるシタールと、東方学院松江校の研究会員の恩埼さんによる尺八のコラボ演奏をしていただきました。神秘的なシタールの音色とインドの叙事詩の世界に、会場は一気に引き込まれました。また、インドの古典音楽と日本の音階はよく似た節回しが多いそうで、シタールと尺八の幻想的な音の調和に、参加者の方はうっとりと聞き入っておられるようでした。
 演奏を楽しんでいただいた後は、山本紀子先生のご指導のもと、ヨーガを行いました。
紀子先生が優しい語り口で教えてくださり、終了後は少し体が軽くなったようでした。
 ヨーガの後は先生を囲んで茶話会を行い、一人ひとり今日の感想を話しました。参加者の方からは、「素敵な体験をさせていただいた」「仕事の疲れがとれた」などの感想をいただきました。瀬古先生、恩埼さん、紀子先生、どうもありがとうございました!
今後も、中村元記念館ではヨーガやインド文化にちなんだイベントを企画する予定です。どうぞご期待ください!